blog top > 20200401 翻訳リライト

20200401 翻訳リライト

  • 2020.04.01 Wednesday 14:51
こんにちは、フリーライター&カメラマンの関です。

新型肺炎(COVID-19)の流行がさらに拡大していますが、お変わりありませんでしょうか。

私たちフリーランスは仕事を頂かないと生きていませんので、なんとか必死に頑張っていきたいと思っています。

そういう中で先日、ありがたいことに英文の翻訳リライト案件を頂戴しました。

最近はGoogle翻訳やDeepLなど、ディープラーニング技術を活用した機械翻訳の精度が上がり、従来の「なんとなく理解できるレベル」から「かなり理解できるレベル」にまで精度が向上していますが、翻訳臭さを消して、トーンを整えながら、日本語として読みやすくしたり、伝えたいメッセージを強調するには、どうしても翻訳者やライターの介在が必要です。

今回はLinuxに関するホワイトペーパーが対象でした。お急ぎでしたので土日で対応し、無事に月曜に納品となりました。

ということで、そんなお仕事も承っておりますので、なにかあればお問い合わせください。

ただ、翻訳業界の料金相場とライター業界の料金相場とで2倍から3倍の開きがあるため、いつも悩ましいのが条件面の擦り合わせ。そこはご相談ということで。

ちなみにサラリーマンをしていた90年代半ばに、副業でいわゆる産業翻訳(技術翻訳)を始め、フリーになったあと2005年ぐらいまで、外資系半導体ベンダーの英文データシートやアプリケーションノートを中心に、IT系のブローシャや、各種の取扱説明書/マニュアルなど、それなりの案件をこなしていました。

時代の流れで中国や台湾への外注がブームになって翻訳料金が一気に下がり、また、機械翻訳の精度も少しずつ上がってきたこともあって、翻訳の仕事からこっそりと引退したのが2005年過ぎだったように記憶しています。それでも年に一本ぐらいは、翻訳に関連したお仕事をいただいてます。



Comments:0
コメントを書く(スパム対策のため海外からは書き込めません)
この情報をcookieに保存する

blog top > 20200401 翻訳リライト

Page Top